MacRumorsは9日(現地時間)、米アップル関連の情報に定評のあるJohn Gruber氏のpodcastの発言から、次期iOS(通称:iOS7)に関するこれまでのリーク情報はすべて間違いである可能性を伝えています。John氏はゲスト出演したpodcast内の番組の中で、「すべてのリークは間違いである」とある人から聞いたと、明かしているとのこと。

wwdc-2013-flat-ios7

iOSといえば、アップルの「iPhone」や「iPad」に搭載されているオペレーティングシステム(OS)で、その次世代型となる「iOS7」では同社のチーフデザイナーを務めるジョナサン・アイブ氏によって大きく設計が変更されることが公式に明らかになっています。

これまでにリークされた情報によると、iOS7ではいわゆる「フラットデザイン」が取り入れられることや、メール・カレンダーアプリが大幅刷新されることが伝えられています。

アップルは情報の秘匿に人一倍気を使う企業ではありますが、iPhoneやiPadの人気の高さから、事前情報の注目度も高く、製品の実物がリークされてしまうことも少なくありません。それだけに、すべてのリークが間違いであるというようなことは、にわかには信じられないのが素直な気持ちです。

iOS7は、現地時間で10日10時から、日本時間で11日深夜2時から開催される開発者向けイベント「WWDC 2013」の中で発表される見通しです。いち早く知りたい方は、今日は早寝早起きでWWDCの実況をご覧になることお勧めします。

[MULE RADIO via MacRumors]