Appleの工業デザイナー「ジョナサン・アイブ」氏がデザイナーSVPに昇格

iOS 7を紹介するビデオの中で、アップルのデザインチーフを務めるジョナサン・アイブ氏の肩書が「デザイン シニアバイスプレジデント(SVP)」に変化したことが明らかになりました。なお、従来の肩書は「工業デザイン SVP」。

今回の肩書変更によって、工業デザインに限定したものではなく、ソフトウェアも含む総合的なデザインのリーダーになりました。

Ive

何度もお伝えしているのでそろそろ飽きてくるかと思いますが、iOS 6までの開発チーフを務めていたスコット・フォーストール氏が独自地図問題で実質的に更迭されており、iOS 7からはソフトウェアデザインもアイブ氏が務めることになりました。これにより『工業』の文字が外れたものとみられます。

Apple   Press Info   Apple Leadership   Jonathan Ive

アップル公式サイト

なお、アップル公式サイトの主要人物紹介ページにおいても「Senior Vice President, Design」と肩書が変更されており、鋭い眼光でリーダーの風格を示しています。

iOS 7からは、半透明処理を用いたレイヤー構造や、ハイキーかつカラフルなカラーパレット、シンプルなアイコン表現に、フラット風の表現といった大手術を成し遂げたアイブ氏ですが、今後どのような手腕を発揮してくれるのでしょうか。

[Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます