米アップル、「OS X 10.8.4」をリリース ―Safari 6.0.5・BootCamp後のスリープ改善

米アップルは4日(現地時間)、「OS X 10.8.4」の配信を開始しました。OS X 10.8.4ではSafari 6.0.5が同梱され、様々な互換性の向上、問題の解決がおこなわれています。アップデートの詳細は以下の通り。

  • 一部のエンタープライズ Wi-Fiネットワークへ接続する際の互換性の向上
  • 「カレンダー」でのMicrosoft Exchange互換性の向上
  • 米国以外の電話番号にFaceTime通話できない問題を修正
  • スケジュールしたスリープがBoot Camp使用後に機能しない問題の修正
  • PDF書類内テキストとのVoiceOver互換性が向上
  • Safari 6.0.5同梱

asdfa

[Apple]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます