速報:au、iPhone4Sなどの携帯電話下取りプログラムを開始

KDDIは21日、機種変更時に現在使用している携帯電話を下取りする「au携帯電話の下取りプログラム」を開始すると発表した。対象機種は現時点で、iPhone 4S、INFOBAR A01、AQUOS PHONE SERIE ISW16SH、DIGNO ISW11Kの4機種。下取り価格は機種によって異なり、機種変更時にその価格に対応したauポイントが還元され、その場で使用できる仕組み。

詳しい価格は以下の通り。

対象機種 価格
iPhone 4S 64Gバイト 1万8000円
iPhone 4S 32Gバイト 1万6000円
iPhone 4S 16Gバイト 1万4000円
INFOBAR A01 3000円
AQUOS PHONE SERIE ISW16SH 3000円
DIGNO ISW11K 3000円

下取りを適用する条件として以下の3点が挙げられている。

  • 対象機種を利用中で、機種変更でauのスマホ・携帯電話を購入する場合のみ
    (MNP・新規契約は不可)
  • 下取り機種に故障がなく、正常に動作すること
  • 一台の購入につき一台の下取り

この下取りは、auショップ、その他au取扱い店舗で利用できる。具体的に利用できるauショップについては、6月26日よりauのホームページで案内されるとのこと。その他のau取扱店舗についてはauのホームページでは表示せず、直接店舗に問い合わせてほしいとしている。

今回の施策で、既に下取りサービスを行っているソフトバンクに対抗する形となる。iPhone 4Sの下取り価格は2社全く同じで、auのiPhone4Sを利用している人にとってはうれしいお知らせと言えそうだ。

ソフトバンクと異なるのは、新規契約・MNPが不可能な点と、新しく購入する携帯電話に制限がない点の二つ。

[KDDI]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます