日本通信は14日、同日発売予定のSIMフリーモバイルWi-Fiルーター「b-mobile 4G WiFi3」に誤ってドコモのSIMロックがかかっていたことが判明し、出荷停止を発表しました。

b-mobile4gwifi3

b-mobile 4G WiFi3は、2.1GHz/1.5GHz/800MHzのLTE、2.1GHz/800MHzのW-CDMAに対応したSIMロックフリーのモバイルWi-Fiルーター。仕様面では、ドコモのトライバンドLTEやFOMAプラスエリアに対応したモバイルWi-Fiルーターです。また、SIMロックフリーのため、2.1GHz(バンド1)のLTEを提供しているKDDI・ソフトバンクモバイルのLTEをSIMを挿入することで利用が可能な予定でした。

ところが、b-mobile 4G WiFi3の製造メーカーから「ドコモのSIMロックをかけた状態」であることが14日に日本通信に報告され、SIMフリーを推進する日本通信は「ドコモのSIMロックがかけられている製品を市場に流すことがおかしい」と判断したため、出荷停止を発表しました。

日本通信はKDDI・ソフトバンクとの相互接続の予定も発表しています。今後、このルーターを含めて様々なSIMロックフリーで、各社のネットワークを利用できる端末が市場に登場できることを期待したいと思います。

[日本通信]