イー・モバイルの「STREAM X」、ソフトバンク3Gネットワークに対応へ

イー・アクセスは19日、同社が発売しているスマートフォン「STREAM X」(GL07S)が7月25日から、ソフトバンクの3Gネットワークにおいても利用できるようになると発表しました。

streamxgl07s1

「STREAM X」はイー・モバイルのエリア内では、イー・モバイルの3G/LTEネットワークへ接続されますが、イー・モバイルのエリア外では、ソフトバンクの2.1GHz帯3Gネットワークに接続し、音声通話・データ通信ともに利用可能です。ただし、ハードウェア仕様から900MHz帯のプラチナバンドは非対応となります。

料金については「LTE電話プラン(にねん)」に加入した場合、これまでの料金と同じ月3880円。イー・モバイル端末との通話料金は無料ですが、ソフトバンクへの通話料は別途生じます。

なお、ソフトバンク網を利用するには「STREAM X」に最新のアップデートを適用する必要があり、7月25日午前9時以降に提供される予定です。

他社のスマートフォンの利用料金と比較すると、イー・モバイルのLTEエリアをメインにデータ通信を使用することが可能なのに加え、サブ回線にソフトバンクの人口カバー率99.99%(市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かで算出)の広大なネットワークを月額3880円で使用できるというのは非常にコストパフォーマンスが高く、ソフトバンクがイー・アクセスを買収した “シナジー効果” が表れているのではないかと思います。

[イー・アクセス]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます