フォックスコン、自社端末の開発はせず ―財華社報道

中国の財華社によると、フォックスコンの童文欣会長は株式総会の後に、同社は自社ブランドを開発する計画はなく、引き続きパートナーからの委託生産をおこなう指針を明らかにしたと報じています。また同氏は、今後は新興市場に大きな期待を持っているとも語ったとのこと。

一方、ウォールストリート・ジャーナルは先月27日(現地時間)、ホンハイ(フォックスコンの中核企業)が自社端末の製造に乗り出すと報道し、さらにFocus Taiwanも先月27日、ホンハイがMozillaと共同で「FireFox OS」を搭載したタブレット端末を6月3日に発表するのではないかと伝えています。

Hon-Hai-Foxconn

この報道の意味するところは、フォックスコンとしては独自ブランドの製品を開発しないが、ホンハイとしてなんらかの独自ブランドの製品を開発しているということでしょうか。それとも、そのような開発計画自体がなかったということなのでしょうか。

Focus Taiwanによると、ホンハイとMozillaによるFirefox OS搭載端末に関するイベントが米国時間の6月3日に開催されるとのことですので、その時点で事態の詳細が明らかになると思われます。

[新華経済株式会社]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます