SamMobileは28日(現地時間)、独自に得た情報として、サムスンが4.5インチディスプレイを搭載したスマートフォン「Galaxy Memo」を開発中だと伝えています。

Galaxy Memoはサムスンの大型スマートフォン「Galaxy Note」をベースにしたミッドレンジ/ハイエンド市場向けのスマートフォンで、スペックはAndroid 4.2.2・4.5インチのフルHD解像度(1920×1080ドット)液晶ディスプレイ・1.4GHzのクアッドコアプロセッサ・2GBのRAM・約800万画素の背面カメラを備え、サムスンのtouch-wiz nature UXを搭載したスマートフォンになるとのこと。

さらに同サイトは確定情報ではないとしながらも、Galaxy Memoの画像も得たとして掲示しています。

992573_173736696130910_877130064_n

1060194_173736706130909_484069276_n

近年Androidスマートフォンでは5インチサイズの端末が当たり前となりましたが、4.5インチディスプレイを搭載した同端末は、気軽にポケットに入れて持ち運べる端末となりそうです。サイズは小ぶりではありますが、ディスプレイにフルHD解像度の液晶ディスプレイ、さらにクアッドコアプロセッサを搭載するなど、スペック面に抜かりはありません。さらに、Galaxy Noteがベースということで、様々なメモアプリも搭載されることが予想されます。

この端末が国内で取り扱われるかについてはなんとも言えませんが、使い勝手のよさそうなこの端末の情報に今後も注視していきたいと思います。

[SamMobile]