持ってる・欲しいものを登録する「Google Mine」をGoogleが準備中

情報元のGoogle Operating Systemは21日(現地時間)、米グーグルが「Google Mine」という名の新サービスを準備していると伝えています。

Google+

Credit:Google

Google Operating Systemが手に入れた画像によると、 “Google Mineではあなたの所持品を友人と共有したり、友人が共有している最新の所持品を常に閲覧したりできます。共有するかどうかは、Google+のサークルごとに設定することができます。また所持品のレビューや写真を追加したり、互いにコメントし合うことも可能です。” といった内容が書いてあることが分かります。

google_mine

Credit:Google Operating System

Google Mineでは、様々なガジェット、衣類、電子機器、DVD、車など欲しいもの、使っている物を整理し共有することが可能です。このサービスが実装されれば、例えば今もっている本やゲームなどの一覧を仲間内で共有することで自由に貸し借りしたり、気になるあの子が欲しいと思っているプレゼントを調べたりすることができそうです。

Google_Mine_イメージ

Android用アプリケーションも用意されていおり、現在グーグルの社内マーケットプレイス「Bazaar」で入手可能なようです。

サービスがうまくいけば、現在どの様な物が流行っているのか、どういう製品に需要が集まっているのか調査することができ、グーグルが掲げる “人類が使うすべての情報を集め整理する” という目標に近づくことになりそうです。

[Google Operating SystemviaCNet]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます