KGI証券のアナリストを務めるミンチー・クオ氏が投資家に向けた最新のレポートによると、インテルが製造する第4世代Core iプロセッサ(コード:Haswell)を搭載した新型iMacは、今年6月~7月に発売されるとみられています。

同氏は某有名な証券会社のアナリストなどとは違い、過去のレポートの的中率は比較的高い人物であり、ガジェット速報においては、ミンチー・クオ氏・ブライアン・ホワイト氏・DisplaySearchの三者については比較的当たる人物・調査会社として捉えています(いずれも独自取材に基づくレポートを出しているからという理由もある)。

imac

6~7月となると、日本時間11日午前2時から開催されるWWDC 2013での発表も期待されるところではありますが、iMacアップデートのリーク情報は今のところ伝えられていません。

先日には、予告なしにカメラ無しのiPod touchを発売するなどの動きを見せているだけに、スペックの向上程度では基調講演で大々的に発表しない可能性があり、特にアナウンスもなくアップデートされる可能性があります。

WWDC 2013の目玉のうち1つは「デザインを一新した新型Mac Pro」とも言われており、消費者のフォーカスをぶれさせないためにもiMacのアップデートについては特に触れられない可能性が高いものとみられます。

[MacRumors]