iOS7のロゴデザインが明らかに ―フラットでシンプルなデザイン

米アップルは、今月10日~14日(現地時間)に開催する開発者向けイベント「WWDC 2013」において、iOS7とOS X 10.9の披露が予定されていますが、その会場に設営された看板にて次期iOS7のロゴマークが披露されました。

wwdc-2013-flat-ios7

screen-shot-2013-06-07-at-2-16-57-pm

iOS7はアップルのチーフデザイナーを務めるジョナサン・アイブ氏のもと、フラットでシンプルなUIが取り入れられると噂されていますが、今回明らかになった次期iOS7のロゴもその噂に違わず、立体感のないフラットなデザインとなっています。

iOS 6の際に見られたシャドウやハイライト、グラデーションといったエフェクトは一切用いられず、さらにアップルが従来、ロゴなどに採用しなかったフォント&ウェイト「Helvetica Neue / Ultra Light」が用いられています。これはWWDC 2013のプレス向け招待状に用いられたものと同一です。

ios6_610x407

現行モデルのiPhoneやiPadに搭載されている「iOS6」のロゴ

wwdc13-about-main

WWDC 2013のプレス向け招待状に添付された画像

WWDC 2013ではiOS7とOS X 10.9が発表されると公言されており、iOS7の正式版はiPhone5Sと同時に、9月頃にリリースされるとも噂されています。まずはiOS7にどれだけの刷新が加えられたのか、発表を楽しみに待ちたいと思います。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます