iOS 7は「Google Now」似の機能を搭載

9to5Macは13日(現地時間)、米アップルの「iOS 7」の新しい「通知センター」には、米グーグルが提供する「Google Now」に似た通知機能が搭載されていると伝えています。

now

Credit:9to5Mac

iOS 7の通知センターは「today(今日)」・「all(すべて)」・「missed(不在着信)」の3つのタブに分かれていますが、今回紹介する新機能が載ったのは「today(今日)」タブです。

「today(今日)」タブは、現在地や過去の行動履歴、そしてカレンダーの予定などからユーザーの「これからの行動」を予測し、様々なアドバイスを表示してくれます。例えば現在地の天気、リアルタイムな渋滞情報を反映させた「よく行く場所までの所要時間」といった情報を提示してくれたり、他にも「次の日の予定が多いからもう寝た方がいい」などと体を気遣う優しさまで見せてくれたりするとのこと。

gotobed

Credit:9to5Mac
訳:明日は忙しい日になりそうですね。7つの予定が入っていて、一番最初は7時30分からです。
休む時間を十分に取ったほうが良いでしょう。

この機能では過去の行動履歴を分析して情報を提供することから、「Frequent Locations(よく行く場所)」機能を許可するかどうか設定する項目が新たに追加されました。プライバシーの観点から「よく行く場所に基づく提案」を使用したくない方は、この項目をオフにすることで提案させないように変更できます。

iOS 7はまだ最初のベータ版が配布開始されたばかりで、すべての新機能が搭載されていない可能性があります。今後、Google Nowのように「よく使う公共交通機関」や「航空やホテルの予約」の情報を表示する機能が更に追加されるのではと、筆者はつい期待してしまいます。

[9to5Mac / Macrumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます