iOS 7はiTunesCardをカメラで撮影し登録可能 ―昨秋のMac対応に引き続き

9to5Macは13日(現地時間)、「iOS 7」では購入した「iTunes Card」を「App Store」などで登録する際に、カメラを使って画像認識を利用することによって登録することができるようになったと伝えています。

redeem

Credit:9to5Mac

これまで、カメラによるコードの登録は、FaceTime カメラを装備し「OS X Mountain Lion (v10.8.3 以降)」を搭載したMacでのみ利用可能でしたが、今秋にもiOS端末が対応することが明らかになりました。

iTunes Cardは「Xで始まる16桁のコード(アルファベットと数字)」を入力することで登録する仕組みになっていますが、これを入力するのは正直なところ手間のかかる作業でした。カメラにiTunes Cardをかざすだけで簡単に入力することができるのは、ユーザーにとってこの上なく便利な機能と言えます。

iOS 7はデザインの大胆な変更やコントロールセンターの追加などが特に目立っていますが、このような小さいけれどもありがたい改善にも注目したいところです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます