米アップル、「新デザインのiOS7」と「新型MacBook」を本日深夜発表へ ―WSJ報道

ウォールストリート・ジャーナルは9日(現地時間)、米アップルが日本時間で本日深夜(11日02時)に開催するWWDCにて、デザインが変更され新たな共有機能を搭載した次世代iOS(通称:iOS7)と、音楽ストリーミングサービスや新型のノートPC(新型MacBook)、新型OS X(通称:OS X 10.9)を発表すると報じています。

報道によると、iOS7では平面的なデザインが採用され、アプリやアイコンから現実にある物体を真似た表現が排除されるとのこと。これは、「Game Center」アプリなどに用いられているポーカーテーブルのような表現の排除を指していると思われます。

また、iOS7には「写真やビデオを共有する新機能」が搭載されるとのこと。こちらは、以前9to5MacがiOS7に搭載されると伝えたことのあるファイル共有機能「iOS向けAirDrop」機能を指しているのでしょうか。

そして、WWDCでは音楽ストリーミングサービス(通称:iRadio)や新型MacBook、OS X 10.9も発表されるとしています。新型MacBookが「新型MacBook Air」なのか、「新型MacBook Pro」なのかは明記されていませんでした。

wwdc-2013-flat-ios7

 ウォールストリート・ジャーナルによると、WWDCのイベントはアップルにとって「転換点」になるとのこと。たしかに同社はここ数ヶ月「イノベーション不足」を指摘され、株価が大きく下落する場面もみられました。アップルは今晩深夜に開催するWWDCにて、消費者を驚かせるような製品を発表し、同社に漂う停滞感を払しょくすることができるのでしょうか。

[ウォールストリート・ジャーナル via THE VERGE]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます