Technology Blogs Simplifiedは4日(現地時間)、廉価版iPhoneとされる端末についての更なる情報を掲載しています。それによると、先日廉価版iPhoneの画像をリークしたweibo.com/ictechが、同端末の厚さが8.97mmになることを確認したとのことです。

廉価版iPhoneは従来のモデルよりも厚くすることで(iPhone 5の本体厚さは7.6 mm)、製造コストを下げるのに一役買っているといわれています。また、廉価版iPhoneはiPhone 5や「iPod touch 5th」等と同じく4インチディスプレイを採用し、筐体はプラスチック、iPod touch 5thと同じ多色カラー展開になるとしています。

iPhone-6-Plastique-1-908x517

さらに、廉価版iPhoneの量産が今月から開始されるとも言われ、今年の第4四半期にインド・ブラジル・中国向けにリリースされるとのことです。

WWDCを前にして、廉価版iPhoneの情報が増えてきました。果たして、基調講演の場で廉価版iPhoneは発表されるのでしょうか。期待が高まります。

[Technology Blogs Simplified]