速報:iPhone5S試作機にA7とみられる新型プロセッサの搭載を確認

MacRumorsは24日(現地時間)、米アップルの次世代プロセッサ「A7」を搭載しているとみられる、iPhone5Sのプロトタイプ端末の画像を公開しました。

iphone_5S_5_side_by_side-800x830

今回の画像で注目したいのは、メインボードに搭載されているプロセッサです。プロセッサには “APL0698” と記載されており、MacRumorsによると、これは次世代プロセッサ「A7」を意味しているとしています。

まず、現行モデルの「iPhone 5」に搭載されているプロセッサ「A6」のモデルナンバーは “APL0598” で、第4世代iPadなどに搭載されている「A6X」のモデルナンバーは “APL5598” となっています。

MacRumorsによると、今回流出した画像のプロセッサに記載されている “APL0698” では、APLの次の一文字目の “0” はAシリーズのプロセッサを意味しており、次の数字 “6” は第〜世代かを意味しているとのこと。つまり、 “APL0698” はAシリーズプロセッサの次世代モデル「A7」であるとしています。

そして、プロセッサ左下に記載されている “K1A0062” については、このプロセッサがサムスンではなくTSMCにて製造されたことを意味している可能性があるとのこと。

また、RAMとしてElpida製の容量1GBのDRAMを搭載しているようだとしています。

iphone_5S_chip

そして、今回の画像ではこれまでよりもさらに背面のフラッシュ部の詳細を確認することができます。同画像のフラッシュ部をみると、上が白、下がイエロー(オレンジか赤かも)のデュアルLEDフラッシュを搭載していることがわかります。

iphone_5S_camera_flash-800x380

[MacRumors]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます