米マイクロソフトはサンフランシスコで開催中の開発者向けイベント「BUILD」にて、次世代DirectXである「DirectX 11.2」の詳細を公開しました。

DirectX 11.2は「DirectX 11.1」からのアップデートにあたり、「Tiled Resources」をサポートしていることが大きな特徴です。Tiled Resourcesとは、シーンによって動的に高画質なテクスチャーを利用できる技術とのこと。この技術により、プレーヤーが物体に接近した場合にも、システムに大きな負荷をかけることなく高解像度のテクスチャーを表示させることができるとしています。

そして、この技術はWindows 8.1とXbox Oneでのみ利用可能であるとのこと。

Microsoft-DirectX-11-2

Windows 8.1やXbox Oneでは、DirectX 11.2やTiled Resourcesに対応した様々なゲームが登場すると思うと、楽しみで仕方ありません。特にPC向けゲームでは、コンシューマーゲーム機に比べて高性能なGPUが利用できることから、Windows 8.1ではこれまで見たこともない品質のゲームが続々と登場することになりそうです。

[マイクロソフト via vr-zone / SHADER.JP]