米マイクロソフト、Xbox Oneの中古規制・24時間ネット接続・リージョン制限撤廃へ

米マイクロソフトは19日(現地時間)、次世代ゲーム機「Xbox One」に搭載されると発表されていた、24時間のネット認証や地域によるプレイ制限を撤廃すると発表しました。同社が掲載したXbox Oneに関する新たなポリシーは以下の通りです。

  • 一度ゲームを認証すれば、オフラインでのプレイにインターネット接続は不要
  • 24時間のネット接続は不要
  • Xbox Oneはどの地域でも利用可能(リージョン制限の撤廃)
  • ゲームの貸し借り、中古販売、プレゼント、ディスクのレンタルにおいて、一切の制限の撤廃
これらの制限撤廃により、Xbox Oneにおける中古ゲームの規制は、「Xbox 360」とほぼ同等のものになりました。

500x333xxbox-one-xl-500x333.jpg.pagespeed.ic.j_NA4NuCKw

Xbox Oneの中古ゲームの取り扱いに関しては、24時間のネット接続が必要だったり、同ゲーム機が発売されていない地域でのプレイが制限されていたり、さらには他人にゲームを譲り渡すのにも様々な制限が存在していました。

対するソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 4」では、中古ゲームに関する規制はこれまでのゲーム機と変わらない、理解しやすいものとなっており、同社はXbox Oneの強固な中古ゲーム規制を皮肉る動画を作成し、Youtubeに投稿しています(下参照)。

今回の制限撤廃により、Xbox Oneの中古ゲームに関する不安はほぼ取り去られたものと考えて良さそうです。後は、両陣営がどれだけ魅力的なソフトをラインナップできるかが、次世代ゲーム機の勝敗の決定打となりそうです。

[Engadget英語版]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます