ノキアの41MPカメラスマホ「EOS」の詳細情報が流出 、コードネームは “Elvis” か

WPcentralは31日(現地時間)、ノキアの未発表スマートフォン「EOS」の詳細なスペックを掲載しています。EOSは4100万画素の背面カメラを搭載し、今年の夏の終わりに発表されると噂されているスマートフォンです。

まず、AT&T版のEOSは内部コードネーム「Elvis」と呼ばれているとのこと。ボディ素材はポリカーボネートで、1回の撮影で3500万画素と500万画素の画像を撮影し、片方を保存、片方をシェアできる機能、フリップでのサイレント機能を搭載しているとしています。

また、搭載されるカメラアプリ「Nokia Pro Camera」の詳細はわかっていないものの、「PureView」の拡張モードであり、よりカメラを詳細にコントロールできるのではないかと予測しています。

Lumia Yellow EOS

今回掲載されたEOSの詳細なスペックは以下の通りです。

搭載OS Windows Phone 8 ver 8.0.10322.71
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
解像度 1280×768ドット
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ SDカードスロットなし
背面カメラ 約4100万画素カメラ キセノンフラッシュ搭載
Nokia Pro Camera搭載
FMラジオ 搭載
サイズ Lumia 920より1mm薄く、カメラ部が大きく突起
展開色 黄色

ノキアは4100万画素カメラを搭載した「Nokia 808 PureView」や、PureViweカメラを搭載した「Lumia 920」「Lumia 925」「Lumia 928」などカメラ性能を重視した携帯電話を発表しています。スマートフォンがスペックでは強く特色を打ち出せなくなってきた昨今、ノキアの「カメラ性能重視スマートフォン」というコンセプトは、どれだけ消費者に受け入れられることができるのでしょうか。

[WPcentral]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます