ノキアの4100万画素スマホには超巨大レンズ穴が存在 ―新画像が流出

中国のWebサイトwpdangは5日(現地時間)、ノキアの未発表スマートフォン「EOS(社内コード:Elvis)」のものと思われる端末画像を複数掲載しています。

EOSは背面に4100万画素のPureview技術採用カメラを搭載すると噂されるWindows Phoneで、流出した写真を見るとこれまでのスマートフォンにはなかった非常に大きなカメラ部品を搭載するためのスペースが確認できます。

WPDang_EOS-5

EOSの予想スペックは以下の通り

搭載OS Windows Phone 8
v8.0.10322.71
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
画角不明
解像度 1280×720
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ SDカードスロットなし
背面カメラ 4100万画素Pureview
キセノンフラッシュ搭載
サイズ Lumia 920より1mm程度薄くなる
展開色 黄色

今回流出した端末の画像は、本日お伝えした別記事のEOSのプレス写真とはまた違ったデザインとなっていますが、今回の写真は試作段階のものなのでしょうか。それともこちらが本物なのでしょうか。脅威の4100万画素カメラ搭載端末EOSに関しては、謎が深まるばかりです。

WPDang_EOS WPDang_EOS-3

WPDang_EOS-4 WPDang_EOS-5 WPDang_EOS-12 WPDang_EOS-21

[wpdang]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます