OperaのAndroid版ベータがBlink対応のChrome28ベースに

「Operaブラウザ ベータ版」のAndroid版が18日(現地時間)アップデートされ、「Chromium 28」ベースとなりブラウザエンジンが「WebKit」から「Blink」へと変更されました。

Operaは以前より、ブラウザエンジンを米アップルが主導となって開発を進めているWebKitからBlinkへ乗り換えることを示唆しており、今回のOperaブラウザ Android版ベータのブラウザエンジンの変更もその一環と思われます。今回の更新内容は以下の通りです。

  • Chromium 28ベースに変更
  • 起動時間を改善
  • タブUIのアニメーションを改善
  • 「プライベートタブで開く」の追加
  • フルスクリーン表示でのバグの修正と改善
  • ビデオダウンロードのコントロールの追加
  • 言語設定を変更した後にOperaがクラッシュする現象の改善
  • ランダムにディスプレイがブラックスクリーンになる現象の改善
  • メモリーリークの改善と一般的な安定性の改善

unnamed unnamed (1)

[Google Play]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます