何が起こる!?OS X 10.9に「ボンダイブルー」が復活!!

日本時間の11日午前2時から基調講演が開始されるWWDC 2013ですが、会場に設営された「OS X」のバナーには驚くべき背景が用いられています。

screen-shot-2013-06-07-at-2-17-05-pm

「Helvetica Neue / Ultra Light」フォント・ウェイトでタイプされた「X」の後ろには、迫りくると… “あの色” 。深読みと言われるものではありますが、「ボンダイブルー」を連想せざるを得ません。

低迷するアップルにスティーブ・ジョブズ氏が復帰した後、カラフルなiMacの登場で一世を風靡し、そこから逆転劇が始まったといっても過言ではありませんが、その時のキーカラーになったのが「ボンダイブルー」です。

fullview
Bondi Beach 2

オーストラリア・シドニー ボンダイビーチ 波乗りでも有名

実はこのボンダイブルー色、オーストラリアの「ボンダイビーチ」の色になぞった造語です。波乗りでも有名なビーチで年間を通して高い波が押し寄せています。そんなバックストーリーがあるだけに、高波にボンダイブルーの組み合わせを採用したバナーには深い意味を感じてしまうところですが、WWDC 2013を間近に控えた興奮による影響でしょうか。

IMac_Bondi_Blue

Appleの復活劇はここから始まる

事実上更迭されたスコット・フォーストール氏の後には、チーフデザイナーのジョナサン・アイヴ氏がソフトウェアデザインの担当も兼ねており、OS X 10.9でもその役割を果たしています。

故スティーブ・ジョブズ氏と固い絆で結ばれていたアイヴ氏ですが、ジョブズ氏亡き後にチーフとしてソフトウェアのデザインまで手掛けることになった今日、その出発点でもあるOS X 10.9にかける密かながらも荒波のように力強い想いがこのキーイメージに表れているのかもしれません。

OS X 10.9に何か大きな変化があるのか、それとも意志を示したものなのか、または全く無関係なのか。アップルのイベントはバナー1つでも物語の背景を楽しませてくれる要素を兼ね備えており、そんなところにファンの心を惹く秘密があります。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます