通勤ラッシュ時の通信速度、iPhoneはソフトバンク、Androidはauが最速 ‐MMD研調べ

MMD研究所は21日、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアについて、2013年6月時点での通勤・帰宅ラッシュ時間帯における スマートフォンのウェブ表示時間の調査を行いました。

調査が行われたのは都内の新宿駅、池袋駅、渋谷駅、東京駅、品川駅、新橋駅の6駅・各2スポットとなっており、調査地点では全ての端末がLTE網を掴んでいることを確認した上で、Yahoo! JAPANのトップページが表示されるまでの時間を各端末で10回ずつ計測、表示に30秒以上掛かった場合は「パケ詰まり」としてカウントしています。


dcm-au-sbm

調査に使用された端末は、iPhoneがau、ソフトバンク共にiPhone 5。AndroidはドコモがXperia Z SO-02E、auがHTC J butterfly HTL21、ソフトバンクがAQUOS PHONE Xx 203SH。調査期間は2013年6月10日~2013年6月14日の5日間で、時間帯は朝の7時~9時と夕方の17時~19時となっています。

iPhoneではソフトバンクが速く、パケ詰まりも少ない

まずiPhoneでのウェブページが表示されるまでの時間ですが、こちらはいずれの曜日においてもソフトバンクがauよりもほぼ2倍以上速く、場所と時間帯によっては3倍近い速度差が出た場所もありました。

特にauのLTE回線では朝のラッシュ時間帯で10秒前後、夕方のラッシュ時間帯で15秒前後も表示に時間が掛かっている場所が多く、あまり快適とは言いがたい状況に思われます。一方でソフトバンクのLTE回線では朝夕共に5秒前後で表示されており、混雑時でもLTE回線を掴んでいる場合においては比較的快適なウェブブラウジングが出来ていることが伺えます。


dcm-au-sbm-001

Credit:MMD研究所

dcm-au-sbm-002

Credit:MMD研究所

駅別にウェブページの表示時間を見た場合も、駅ごとにばらつきはありますが全ての駅でソフトバンクのLTE回線の方が表示時間が短いことが分かります。


dcm-au-sbm-003

Credit:MMD研究所

調査地点におけるiPhoneでのパケ詰まりの発生率ですが、こちらにも明らかな有意差が見られました。全調査地点の合算でauでは20.4%ものパケ詰まりが発生しましたが、ソフトバンクではわずかに2.3%となっています。

細かくデータを見てみると、au、ソフトバンク共に新宿駅と品川駅でのパケ詰まり発生率が特出して高く、両駅のラッシュ時の混雑ぶりが伺えます。またauについてはそのほかの全駅でパケ詰まりが発生しており、慢性的に通信障害が起こりやすい状況となっていることが伺えます。


dcm-au-sbm-004

Credit:MMD研究所

Androidではauが高速。ドコモが速度とパケ詰まりで若干苦しいか

Androidでの調査では、ウェブページが表示されるまでの時間では全ての調査地点、時間帯、曜日において、au>ソフトバンク>ドコモの順に速度が速く、auが安定した通信速度を保っていることが見受けられます。

ポイントとしては、auとソフトバンクの速度差がいずれの曜日においても1秒前後と僅差であるのに対し、ドコモのLTE回線だけがかなり速度が遅くなっていることが挙げられます。


dcm-au-sbm-005

Credit:MMD研究所

dcm-au-sbm-006

Credit:MMD研究所

駅別に速度を見てもauが最も速いことは変わらず、次いでソフトバンク、ドコモと並んでいる点も同様です。


dcm-au-sbm-007

Credit:MMD研究所

Androidでのパケ詰まり率では、auとソフトバンクがいずれも0%(一度もパケ詰まりを起こさなかった)となっているのに対し、ドコモが若干のパケ詰まりを起こしています。しかし池袋駅などを除くと頻度としてはそれほど多くはなく、ウェブページ閲覧で不満が出るレベルではないものと思われます。

dcm-au-sbm-008

Credit:MMD研究所

現状LTE回線で快適なのはAndroidか

調査結果を総括してみると、全般的にAndroid端末の方がパケ詰まりも少なく、ウェブページの表示速度も速いという結果に収まっているように見えます。ただしソフトバンクのiPhoneに関しては他社のAndroid端末よりも快適な場合もあり、一概にAndroid端末が優勢と言い切れないのも実状です。

今回の結果で苦しさが見えたのはauのiPhoneとドコモのAndroid端末であり、通信速度の遅さ、パケ詰まりの多さを如何に改善していくかが今後の課題となりそうです。

[MMD研究所]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます