赤・黄・緑、「廉価版iPhone」の背面部品が3色流出

Nowhereelseは30日(現地時間)、廉価版iPhoneの新たな背面部品の画像を掲載しています。

今回流出した廉価版iPhoneのカラーリングは「赤・黄・緑」の3色。廉価版iPhoneには5〜6パターンのカラーリングが用意されているとも噂されているので、今回流出した3色はそのうちの一部に相当するものと思われます。

また、以前にも廉価版iPhoneの背面部品は流出しており、そのカラーリングは白色だったので、今回で4色までのカラーリングが確認できたことになります。

 iphone_plastic_yellow_red_green_1 iphone_plastic_yellow_red_green_2

そして、廉価版iPhoneの手の大きさとの比較画像も掲載されています。廉価版iPhoneはケースメーカーから流出した詳細な寸法図より、「iPhone 5」や「iPhone5S」と同じく4インチディスプレイを搭載し、本体の寸法はiPhone 5よりもほんの少しだけ大きくなると噂されています。

iphone_green_plastic

廉価版iPhoneは今年後半にiPhone5Sと同時に発売されるとも噂されており、その存在はウォールストリート・ジャーナルなど大手メディアも報じるなど、かなり高い確率で投入されることになるでしょう。同端末は新興国における米アップルのシェアを増加させることを目的として開発されているとの噂ですが、その生産をおそらく担当していると思われるメーカーから「廉価版というよりも適正価格版だ」との発言もあり、極端な廉価モデルにはならない可能性もあります。

はたしてアップルは廉価版iPhoneを発売することにより、現在市場で囁かれている苦境を脱することができるのでしょうか。

[Nowhereelse]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます