「Reeder」iPhone版が無料化、iPad版は近日配布停止

iPhone用の人気RSSリーダー「Reeder」が現在無料で配布されています。さらに、同アプリは近日中のアップデートによりRSSサービス「Feedly」や「Feed Wrangler」にも対応する予定だと表明しています。

スクリーンショット 2013-06-29 11.59.21

米アップルに既に提出されているReederの “バージョン3.2” では、RSSサービス「Feedly」「Feed Wrangler」をサポートする予定です。またReederは既にRSSサービス「Feedbin」や「Fever」をサポートしており、これらのサービスの利用者なら「Googleリーダー」が終了する7月1日以降も、RSSを取得することができます。

また、このバージョンアップはiPad版とMac版のReederにも配信される予定ですが、それらのバージョンアップについては現在開発中であり、7月1日のGoogleリーダーの終了までの配信は間に合わないとのこと。そのため、7月1日以降はiPad版とMac版は一時配信を取りやめるとしています。

3月におこなわれた、Googleリーダーが7月1日に終了するという発表はWeb業界を激震させましたが、その後Feedlyが素早く同サービスの後継としての地位を宣言するなど、Googleリーダーの終了後を見越した動きは順調に波及しているようです。近年ニュースはRSSよりもTwitterで取得する人も増えてきましたが、RSSにはRSSにしかできない働きがあると思うので(私もTwitterと併用しています)、RSSの代替となるサービスが登場しない限り、長く続いてほしいと願います。

[「Reeder」iPhone版 / 「Reeder」iPad版iMore]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます