ドコモ5月は9万純増、ツートップ好評・ソフトバンクは17ヶ月連続首位 ―携帯電話純増数

携帯キャリア各社は7日、5月末時点での携帯電話契約数・純増数を報じています。

  5月純増数 4月純増数
NTTドコモ 9万1800件 1300件
KDDI 22万7000件 20万9500件
ソフトバンクモバイル 29万8000件 26万4400件

5月の契約純増数は、NTTドコモが9万1800件、KDDIが22万7000件、ソフトバンクモバイルが29万8000件となりました。ソフトバンクは純増数で17ヶ月連続首位を獲得し、ドコモは先月の微増から大きく盛り返して9万件以上の純増を獲得しました。

ドコモは5月の中旬から下旬にかけて、「ツートップ」と名付けた「Galaxy S4 SC-04E」と「Xperia A SO-04E」の取り扱いを開始しており、この2機種が好評なことから大きく純増数が躍進したものと思われます。またソフトバンク・KDDIともに、春商戦終了後の落ち込みから若干回復し、純増数を伸ばしています。

  5月時点累計契約数
NTTドコモ 6162万9100件
KDDI 3814万5900件
ソフトバンクモバイル 3304万1900件


[NTTドコモ / KDDI / ソフトバンクモバイル]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます