ソニーの次世代スマートウォッチは防水・大画面・NFC搭載で来週発表か

CENTは21日(現地時間)、独自に得た情報として、ソニーの次世代スマートウォッチは現行モデルよりディスプレイが大きくなり、防水機能やNFCを搭載すると伝えています。なお、次世代スマートウォッチは6月26日から28日にかけて、上海で開催されるMobile Asia Expo 2013で発表されるものとみられています。

Sony_MN2_2

画像はSmartWatch MN2

情報によると、新機種では現行製品となる「SmartWatch MN2」よりも大画面のタッチパネルディスプレイを搭載し、最低限の防水機能を有するとのこと。OSにはAndroidを搭載し、ディスプレイ下部に3つのアイコンが並ぶ「XPERIA」に似たUIを採用するものとされています。さらに、新機種にはNFCによる連動機能が追加され、スマートフォンとのワンタッチペアリングが可能とのこと。

ソニーはXPERIAに限らず、多くの製品にNFCを搭載することによって、製品間の連携に力を入れています。スマートフォンの最も身近なパートナーとなる可能性があるスマートウォッチにおいて、NFCなどの連携機能を搭載することは当然のことなのかもしれません。

米アップルによるスマートウォッチ「iWatch」の存在など、各社とも新たな分野の開拓を目論んでいると噂されていますが、すでにスマートウォッチの開発ノウハウを持っているソニーがどのようなスマートウォッチをリリースするのか、期待したいところです。

[CENT via Xperia Blog]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます