ソニー RX100 II発表 ―チルトモニタ・マルチシュー搭載

ソニーは27日、同社が展開するコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot」における上位機種「RXシリーズ」の新型「DSC-RX100M2」を発表しました。発売予定日は7月5日、市場推定価格は7万5000円です。

RX100M2_001

RX100 IIについては、昨年の夏に発売された「RX100」の後継機種となり、世界初の1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載します。RX100より進化した点では「可動式チルト液晶モニター」と「マルチインターフェースシュー」の採用があげられます。さらに、Wi-Fi・NFC通信に対応することで、スマートフォン間との連携を可能にしています。

画質についても、1.0型Exmor Rと画像処理エンジン「BIONZ」の組み合わせにより、RX100に比べ1段分のノイズを低減することに成功し、夜景など暗いシチュエーションでもノイズの少ない高感度撮影を可能にしています。1.0型というコンパクトデジタルカメラにしては大型のセンサーと、F1.8カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズとの新しい組み合わせによる高画質撮影に期待されます。

前機種のRX100ではコンパクトさを追求し、拡張性や連携性といった面にユーザーから不満の声が上がることもありました。しかしRX100 IIでは、コンパクト性と前機種譲りの高画質に対するこだわりを残しながらも、その不満を解消してきました。

スマートフォンのカメラ性能が向上しつつある現在、コンパクトデジタルカメラの出番は少なくなってきているように感じますが、スマートフォンユーザーの方はステップアップ、デジタル一眼ユーザーの方はサブカメラとして、高級コンパクトデジタルカメラの選択を考えてみてはどうでしょうか。

[ソニー]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます