ソニー SmartWatch 2発表 -最大4日駆動・スマホ連携・防水防塵で9月発売

ソニーモバイルは25日(現地時間)、上海で開催された「Mobile Asia Expo」にて、1.6インチディスプレイを搭載した新型スマートウォッチ「SmartWatch 2」を発表しました。販売価格は不明で、国際版は9月に登場。

sw2lede

SmartWatch 2は2013年モデルのXperiaを象徴するアルミボタンを含め、全体的にXperia Zのようなデザインとなっています。ボディにはアルミが使われ、解像度は220×176ドット、加えてIPX5/7相当の防水機能を有しており、電池持ちに関しても通常の使用方法で4日ほど持つとのことです。

今回のスマートウォッチにはBluetooth 3.0のほかにNFCが搭載され、NFCを搭載したスマートフォンとワンタッチでペアリングすることができるとのこと。また、このデバイス自体にもAndroidOSが搭載されており、メールやテキストの閲覧のほかに電話を受けたり、写真を撮ることができるとされています。

0smartwatch2angled

スマートフォンを補完するスマートウォッチそのものは以前から存在していましたが、機能の少なさや画面サイズ、電池持ちなどの観点から話題にのぼることは決して多くはありませんでした。しかし現在では、米アップルや米グーグル、さらには米インテルまでもがスマートウォッチを開発中であるともいわれています。スマートウォッチは次世代を担う端末「ウェアラブルデバイス」としてガジェット市場を席巻することができるのか、注目が集まります。

[Engadget]

 

 

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます