ソニー Xperia Cを明日発表の見込み ―5型・qHD解像度

Xperia Blogは24日(現地時間)、信頼のおける筋から得た正確性の高い情報として、ソニーが明日から上海で開催される「Mobile Asia Expo」にて、新型スマートフォン「Xperia C」を発表するだろうと伝えています。

情報によると、Xperia CはOSにAndroid 4.2.2・ディスプレイは5インチのqHD解像度(960×540ドット)・1.2GHzのクアッドコアプロセッサ(MediaTek製との噂)・RAMは1GB・内蔵ストレージは4GBになるとのこと。

カメラには約800万画素のExmor Rセンサーを搭載し、本体厚みが8.88mmのデュアルSIM端末となるとのこと。そして、6.4インチディスプレイを搭載する「Xperia Z Ultra」と同時に発表され、中国やその他の市場を対象に出荷されるとしています。

xperia-t-foto-638x425

画像はイメージ

Xperia Cはもし登場したとしても、そのスペックやデュアルSIMを搭載することから、日本市場へ投入される可能性は低いと思われます。しかし、ソニーはスマートフォン事業において、ファーウェイを抜かしてサムスンや米アップルに次ぐ地位を確立すると表明しており、このような廉価版(と思われる)端末をその需要のある市場に投入することは、同社のシェア拡大のために非常に重要だと思われます。

[Xperia Blog]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます