techkiddyは26日(現地時間)、ソニーモバイルが7月4日(現地時間)にパリで発表するとみられる「Xperia Z Ultra」は、25日に上海のMobile Asia Expoにて発表された同機種の別バージョンになるのではないかと指摘しています。

同サイトの指摘によると、ソニーが7月4日のイベントの招待状として送った端末の画像(下画像の左側)には、先日発表されたXperia Z Ultraとは異なり、本体側面下部の「カメラボタン」や、電源ボタン上に2つのカバーが存在しているとのこと。

このレンダリング画像が古い仕様に基づいて制作されたものである可能性もありますが、Xperiaシリーズは最近カメラボタンを採用している機種が増えているため、Xperia Z Ultraにもカメラボタンを搭載したバージョンが存在していても不思議ではありません。

xperia zu

Xperia Z Ultraは日本でも夏以降に取り扱いが開始されるとも報道されており、もし日本でも同端末が取り扱われるのだとすれば、どちらのバージョンが投入されるのか注目が集まります。

個人的には、スマートフォンで写真をとるときには画面上のシャッターボタンを押すよりも、本体側面のカメラボタンを利用したほうが本体がブレずに撮影できるとの印象を持っているため、是非ともカメラボタンが搭載されたバージョンの日本投入を望みたいと思います。

[techkiddy via リンゲルブルーメン]