東武野田線、公衆無線LAN搭載の新型車両「60000系」15日に営業運転開始

東武鉄道は14日、乗客向け公衆無線LANを搭載した新型車両「60000系」を15日に営業運転を開始すると発表しました。

60000tobu

Credit:東武鉄道

以前お伝えしましたが(記事リンク)、60000系は、KDDIが同社スマートフォンユーザーに提供する「au Wi-Fi SPOT」とワイヤ・アンド・ワイヤレスの「Wi2 300」のユーザーがWi-Fiを利用可能。バックボーンは、東武鉄道がKDDIと契約し、WiMAXを利用しています。

WiMAXを利用した公衆無線LANサービスは、既にJR東日本の「成田エクスプレス」で導入されています。また、首都圏私鉄でも、京成電鉄の「スカイライナー」や同社の一部の一般車両、小田急電鉄の「ロマンスカー・EXE」で導入されています。

また、60000系は公衆無線LAN搭載以外にも、LED照明や車体へのアルミ合金採用により、電気使用量を従来の8000系と比較し40%削減。

現在、普通列車や特急列車などで公衆無線LANサービスを提供するのがトレンドとなっていますが、今後首都圏のみならず、全国に広がることを期待します。

[インターネットWatch / 京成電鉄]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます