Xperia Z向けAndroid 4.2.2の配信が一部地域で開始

Xperia Blogは24日(現地時間)、ソニー製スマートフォン「Xperia Z」向けのAndroid 4.2.2の配信が複数の国で開始されたと伝えています。

今回配信されたAndroid 4.2.2のファームウェアのバージョンは10.3.A.0.423。スペインやウクライナ向けのLTEモデル「C6603」や、オーストリア・チェコ・オランダのキャリアモデル、また台湾向けのHSPA+モデル「C6602」に対して配信が開始されています。

以前流出した情報によると、Xperia Z向けAndroid 4.2.2では以下の機能が追加されるとされています。また、同バージョンのOSを搭載したXperia Zの実機動画も登場しています(下の動画参照)。

  • 透明な通知バー
  • DUALSHOCK 3のサポート
  • ロックスクリーンウィジェット
  • ウィジェットへのスモールアプリの追加
  • クイックセッテイングの設定
  • スクリーンセーバー

Xperia Zの複数の海外モデルにおいて本日からこのアップデートの配信は開始されていますが、国内モデルの「Xperia Z SO-02E」に対していつこのアップデートが配信されるのかは不明です。国内モデルはどうしても海外モデルに比べるとアップデートの配信が遅くなりがちですが、やはりキャリアによるカスタマイズなどが、新OSにてきちんと動作するかの確認に時間がかかるのでしょうか。 

[Xperia Blog]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます