Xperia Z Ultra専用の革製ケースや手帳型ケースが複数展示 ―Mobile Asia Expoにて

現在上海で開催中のMobile Asia Expoにて、6.4型ディスプレイを搭載したソニーの新型スマートフォン「Xperia Z Ultra」用の様々なケースや純正Bluetoothヘッドセット・充電ドックが展示されています。

Xperia Z Ultraは日本でも夏以降に発売されるとも報じられており、その際にはこれらのケースが日本で発売される可能性があります。これらのケースには純正品だけでなく、MuvitやKrusell、Incipioなどのサードパーティー製のケースも含まれていますが、早速イベントにて展示されたケースを見ていきましょう。

xperiaz_bimat

Credit: Aloysius Low/CNET Asia

まずはバンパー+裏面保護タイプのケース「Bimat case」。バンパー部分はTPU製、背面の透明なカバーはプラスチック製とのこと。

xperiaz_sticky

Credit: Aloysius Low/CNET Asia

手帳タイプのスリムケース「Sticky Slim case(仮称)」。ケース自体がXperia Z Ultraに粘着するとのこと。

xperiaz_slip

Credit: Aloysius Low/CNET Asia

おしゃれな革製ケースも展示されていたとのこと。

xperiaz_incipio

Credit: Aloysius Low/CNET Asia

Incipioのフリップケース。背面はプラスチック製で、前面はソフトな素材を採用。スタンドとして利用することも可能で、Xperia Z Ultraを横向きにしてビデオ再生を楽しむことができます。

xperiaz_dualpro

Credit: Aloysius Low/CNET Asia

シリコン製のDualProケース

xperiaz_dock

Credit: Aloysius Low/CNET Asia

純正充電ドック「DK30」。Xperia Z Ultraを横向きにして設置します。

xperiaz_bluetooth 

Credit: Aloysius Low/CNET Asia

Bluetoothヘッドセット「SBH52」。NFCによるペアリングにも対応しており、音楽再生や通話のコントロールに利用することができます。

Xperia Z Ultraはグローバル向けにはQ3(7月〜9月)、日本でも夏以降に発売されるとの報道もあり、ますます同スマートフォンに対する期待が高まっています。これまでも5インチを超えるスマートフォンにはサムスンの「Galaxy Note」シリーズがありましたが、Xperiaブランドから発売されるXperia Z Ultraはさらなる大型スマートフォンブームを日本に巻き起こせるかもしれません。

[CNET英語版]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます