Xperia Z Ultra 夏以降に日本国内で発売か —朝日新聞報道

朝日新聞は25日、ソニーモバイル製新型スマートフォン「Xperia Z Ultra」が夏以降に日本国内で発売されると報じています。「Xperia Z Ultra」は、6.4インチの大画面ディスプレイやクアルコムの「Snapdragon 800 2.2GHz」を搭載しているのが特徴の端末で、先日正式に発表された時点では日本での発売予定は伝えられていませんでした。

販売方法や価格などの詳細は明らかになっていませんが、グローバルモデルに関しては2013年第3四半期(7月〜9月)に出荷されると伝えられており、国内版の発売もこれ以降になる可能性がありそうです。日本において、XperiaシリーズはNTTドコモから先に発売されることが多く、2013年秋冬モデルでの発表が期待されます。

20130625-00025940-roupeiro-000-7-view

Credit:SONY

Xperia Z Ultraは、いわゆる「ファブレット」と呼ばれるスマートフォンとタブレットの中間にあたる端末ですが、サムスンが9月に「GalaxyNote3」の発表を計画しているなど同時期にライバル機にあたる端末が登場する予定です。また、米アップルの次期iPhone(通称:iPhone5S)がそれと近い時期に登場するという情報もあり、ガジェット好きにとっては悩ましい時期となるかもしれません。

[朝日新聞]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます