[更新]米アップル、「iWatch」商標をメキシコと台湾でも出願

9to5Macは1日(現地時間)、米アップルがメキシコで「iWatch」の商標を出願したことが判明したと伝えています。

この出願は6月3日におこなわれ、モバイルデバイスに関するハードウェアとソフトウェアという2つのカテゴリーで出願されました。特許の出願者は「Apple inc.」、出願者の所在地は「クパチーノ、カルフォルニア(アップル本社の所在地)」になっています。

screen-shot-2013-07-01-at-5-50-03-pm1 screen-shot-2013-07-01-at-6-07-45-pm

アップルはロシアと日本でもiWatchの商標を出願していることが確認されており、全世界でiWatch商標の取得を目指している可能性があります。ブルームバーグによるとiWatchは年内にも発売されるとされており、また台湾経由の情報では1.5インチの有機ELディスプレイを搭載し、米インテルと共同開発されているとの情報もあります。

先日ソニーは新型スマートウォッチ「SmartWatch 2」を発表しましたが、iWatchがリリースされれば同製品の強力な競合相手となりそうです。今年後半から来年にかけては、米グーグルの「Google Glass」も含め、ウェアラブルデバイスにおける様々な試行錯誤がおこなわれることになりそうです。

追記:メキシコだけでなく、台湾でもiWatchの商標が出願されたことが確認されました。出願日はメキシコでの出願と同じく6月3日になっています。以下の画像が、台湾で出願されたiWatchに関する資料です。

iwatchtaiwan

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます