ASUS、カラフルなタブレット「MeMO Pad HD7」を日本でも発売

ASUSは17日、カラフルな本体カラーを特徴とした7インチサイズのAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad HD7」を日本向けに発売することを発表しました。発売日は7月19日。価格はオープン価格で、予想実売価格は1万9800円。


hd7-001

ASUS MeMO Pad HD7は先月3日に台湾にて発表されたタブレット端末で、発表時には主に新興国向けとして告知されていたものです。CPUにクアッドコアの「MediaTek MTK8125」を搭載、ディスプレイには1280×800ドットの10点マルチタッチ対応IPS液晶を採用。メインメモリは1GB、内部ストレージは16GBを搭載。カメラは背面に約500万画素、前面に約120万画素のセンサーを搭載、重量は約302gと比較的軽量で、720p動画の連続再生において約10時間の連続駆動時間を確保しているとしています。

本体カラーはベリーベリー・ブルーベリー(ブルー)、ミルキー・バニラ(ホワイト)、スプラッシュ・レモン(グリーン)、ファンキー・ストロベリー(ピンク)の4色。ネーミングに凝っているところにこだわりを感じます。


hd7-002

7インチサイズのAndroidタブレット端末は日本国内で非常に人気が高く、その市場には数多くの製品が乱立している状況ですが、ASUS MeMO Pad HD7の強みとなる部分はデザイン性に加え、2万円を切る低価格と約302gという軽さかもしれません。

日本では16GBモデルのみの販売となり、海外で販売が予定されている8GBモデルについては販売されないとのことですが、8GBモデルの海外での価格は129ドル(約1万2800円)であることなどを考えると、より低価格で使えるタブレット端末としてラインナップしても良かったようにも思われます。

製品名 ASUS MeMO Pad HD7
搭載OS Android 4.2
ディスプレイ 7型ワイド TFTカラー
タッチスクリーンIPS液晶
(LEDバックライト、10点マルチタッチ対応)
解像度 1280×800ドット
CPU MediaTek MTK8125
RAM 1GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ 対応(microSDHC)
Webストレージ ASUS WebStorageサービス
(16GB、1年間無料体験版)
背面カメラ 約500万画素
前面カメラ 約120万画素
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
各種センサー GPS、電子コンパス
加速度センサー、磁気センサー
インターフェイス microUSB×1
microSDメモリーカードスロット×1
(microSDHCカード対応)
バッテリー駆動時間 約10時間
サイズ 196.8(H)×120.6(W)×10.8(T)mm
重さ 約302g
展開色 ベリーベリー・ブルーベリー(ブルー)
ミルキー・バニラ(ホワイト)
スプラッシュ・レモン(グリーン)
ファンキー・ストロベリー(ピンク)

[ASUS]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます