廉価版iPhoneの “安っぽくない” 背面部品とボタン部品が流出

以前「iPhone5S」のディスプレイ部品画像を流出させたFanaticFoneが、今度は廉価版iPhoneの高解像度な背面部品画像を掲載しました。またその他にも、廉価版iPhoneのボタン部品も流出しています。

budget-iphone-ff-2plastic-iphone-volume-buttons

FanaticFoneによると、廉価版iPhoneの背面部品は指紋の跡がよくつくが、安価なものには見えないとのこと。廉価版iPhoneについては “実際は適正価格版だ” とも、「iPhone 5」と同等のスペックを備え16GBモデルが300ドル(約2万9700円)を超えるとの情報もあり、 ”質を落としたiPhone” というわけではなさそうです。

また、廉価版iPhoneのボタン部品も流出しており、こちらはお馴染みのレッド・イエロー・ブルー・グリーンの4色となっています(ホワイトモデル用のボタンが見当たりませんが…)。ボタン単体でみると、これまでiPhoneの金属製のボタン部品を見慣れた方にとっては若干安っぽくも映りますが、白以外のモデルもアップルブランドを傷つけるようなものでないことを願いたいと思います。

廉価版iPhoneについては中国やインドなどの新興国への投入が予測されていますが、これだけきちんとした端末に仕上がるとするのならば先進国でも十分に需要はあると思えます。しかし、やはり高級路線のiPhoneの需要を食ってしまうリスクを考えると、日本を含む先進国へ投入される可能性は低いのかもしれません。

 budget-iphone-ff-1 budget-iphone-ff-3

[BGR]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます