ドスパラ、1万2980円からのタブレット「Diginnos Tablet」シリーズ2機種を発売

サードウェーブデジノスは11日、Androidタブレット「Diginnos Tablet(デジノス タブレット)」ブランドとして7インチ液晶を搭載した「Diginnos Tablet DG-D07S」(以下、DG-07S)と、10.1インチ液晶を搭載した「Diginnos Tablet DG-Q10S」(以下、DG-10S)の2機種を発売すると発表しました。発売日は7月24日。

両製品の販売はドスパラが行い、同社の店舗及び通販サイトにて本日15時より予約が開始されています。価格はDG-07Sが1万2980円、DG-10Sが1万9980円。Diginnos Tabletシリーズはドスパラが現在販売している「ドスパラタブレット」の事実上の後継機種にあたり、ドスパラタブレットについては本シリーズの発売に伴い在庫限りで終了となる予定です。


DG-07S-001

7インチモデル「Diginnos Tablet DG-D07S」

DG-07SはプロセッサにRockchip社製「RK3168」(デュアルコア Cortex-A9 + PowerVR SGX540)を搭載、ディスプレイには7インチ・1280×800ドットの5点マルチタッチ液晶を採用(駆動方式は不明)、メインメモリは1GB、内部ストレージは8GB、外部ストレージはmicroSDHC 32GBに対応、OSにはAndroid 4.2を採用。これまでのドスパラタブレットから順当に性能強化が図られています。

DG-10SはCPUにRockchip社製「RK3188」(クアッドコア Cortex-A9 + Mali-400MP4)を搭載、ディスプレイには10.1インチ・1280×800ドットの10点マルチタッチ液晶を採用(駆動方式は不明)、メインメモリは1GB、内部ストレージは16GB、外部ストレージはmicroSDHC 32GBに対応、OSにはAndroid 4.1を採用しています。


DG-10S-001

10.1インチモデル「Diginnos Tablet DG-Q10S」

どちらのタブレットも同クラスの製品と比べて非常に安価であることが特徴となっていますが、重量などもDG-07Sでは272g、DG-10Sで544gと非常に軽く、厚さもDG-07Sが7.9mm、DG-10Sが8.5mmとかなりの薄さとなっており、筐体設計の面でも妥協がないことがうかがえます。またminiHDMI端子を備えているのも珍しい点です。

ただしソフトウェアの面では甘さもあり、Google PlayやGmailが非搭載である点は非常に惜しいところ。アプリケーションの導入には非公式マーケットの「Tapnow」を利用します。

7インチモデルで重さが272g、アルミ合金を用いた薄型ボディ、そして2万円を大きく切る1万2980円という価格は大きな魅力ですが、Google Playを使えない点をどう評価するのか意見が分かれそうです。ちなみに現在販売されているドスパラタブレットについてもGoogle Play非搭載であり、一部のギークは独自でGoogle Playを導入して利用しているとの報告もありますが、その導入について違法性も指摘されているだけに、購入の際は慎重に利用用途などを検討した方が良いかもしれません。

[ドスパラ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます