フォースメディア、AAC/apt-Xに対応したBluetooth FMトランスミッター「JF-BTFMAXK」発売

フォースメディアは19日、J-Forceブランドの製品としてAACおよびapt-Xコーデックに対応したBluetooth接続式の車載用FMトランスミッター「JF-BTFMAXK」を発売すると発表しました。発売は7月下旬を予定。価格はオープン価格で、予想実売価格は5980円前後。


jf-001

本製品の前身機種となる「JF-BTFM2K」は、アマゾンのトランスミッター部門でベストセラーランキング1位を獲得。価格.comでは車載用FMトランスミッターの売れ筋・注目度・満足度ランキングの全てで1位を獲得し、「価格.comプロダクトアワード2012」で金賞を受賞するなど、非常に高い評価を得ていましたが、本製品はこのJF-BTFM2KにAACとapt-Xの2つの高音質コーデックを採用したモデルとなります。

FMトランスミッターというと、どうしても音質が悪い、外部の電波と混線するなどのデメリットが強調されがちですが、本来のFM変調方式による伝送はそれほど悪いものではなく、よほど高音質を求めない限り、エンジン音や空調作動音、ロードノイズなどの多い自動車内では十分な音質が得られます。

特にBluetooth接続によるFMトランスミッターでの音質劣化の大きな要因としては、FM部分よりもBluetooth伝送時のコーデックによるものが大きく、一般的なSBCコーデックでは音源の圧縮率が高いために音質劣化が大きく、本来のFM伝送での音質を活かせていませんでした。

本製品ではそのBluetooth伝送時のコーデックに、より圧縮率が低く音質劣化の少ないAACおよびapt-Xコーデックを採用することで、より高音質に音楽を楽しめるよう改良されています。


jf-002

更に高い音質を求めるのであれば、音楽再生機器をカーオーディオに直接ケーブルでAUX接続を行ったり、カーオーディオに内蔵されたストレージ媒体へ録音してしまうのが一番ですが、そういった手段を取れない環境の自動車も多く、未だにBluetooth接続式のFMトランスミッターの需要は多いのが実状です。

本製品は電源としてDC12Vのシガーソケットを採用。Bluetooth規格にはBluetooth 4.0を採用し、Bluetooth 2.1以降に対応した機器であればPINコードの入力なしで簡単にペアリングが可能です。本体には充電用のUSB端子を1ポート用意しており(5V/1A出力)、スマートフォンなどの充電が行えます。また操作部の角度を変えられる可動式シガープラグを採用している点も非常に便利です。

AACコーデックによる伝送をサポートしている機器としては主にiOS端末などがあり(現在iOS 6では若干の不具合あり)、apt-Xコーデックは主にAndroid端末などがサポートをしています。普段からスマートフォンで音楽を楽しんでおり、自動車に高機能なカーナビやオーディオシステムを搭載していない方には、とても便利なアイテムになるかもしれません。

[フォースメディア]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます