Galaxy Note 3は4タイプ存在、曲がるディスプレイ搭載モデルも ―韓国メディア

韓国etnewsは8日(現地時間)、サムスンの未発表スマートフォン「Galaxy Note 3」には4つのモデルが存在していることを伝えています。この4つのモデルではプロセッサなどは共通していますが、ディスプレイやカメラ・モジュール・ケースなどが異なり、価格についてもそれぞれのモデルで違いがあるとのこと。

samsung-galaxy-note-3-gelekt1-500x300

流出したGalaxy Note 3の実機画像

その中の1モデル「プレミアム Galaxy Note 3」は、フレキシブルディスプレイと金属ケースを採用し、背面カメラの画素数は1300万画素、前面カメラの画素数は200万画素。ディスプレイ部品については前モデルの「Galaxy Note 2」より30%薄型化されているとのこと。ただし、同モデルの生産量は多くなく、開発者や高級ブランドのマーケティング向けに製造されるとしています。

そして、最も生産量の多い「有機ELディスプレイ搭載モデル」は1300万画素の背面カメラと200万画素のフロントカメラを搭載し、本体にはプラスチック素材を採用。ディスプレイサイズは5.68インチ〜5.7インチの間で、モデルにより差があるとのこと。

より低価格なモデルのGalaxy Note 3のディスプレイには有機ELではなく液晶の採用が検討されており、その場合液晶ディスプレイはシャープが製造を担当するとのこと。背面カメラの画素数は800万画素となり、このモデルはヨーロッパや中国向けに出荷されるとしています。

samsung-flexible-display

サムスンによるフレキシブルディスプレイのデモ

報道によると、これまでのスマートフォンは搭載する内蔵ストレージの容量の違いで価格に差をつけていましたが、大容量ストレージ搭載モデルの価格があまりにも上がってしまうという問題点があったとのこと。そのため、内蔵ストレージの容量ではなくディスプレイやカメラの画素数を変更することにより、廉価モデルから高級モデルまでをラインナップする戦略に変更されたとしています。

Galaxy Note 3ではディスプレイ方式やカメラの画素数を調整することにより、販売対象地域にあったモデルを用意するという興味深いアプローチがとられるようです。確かに、スマートフォンやタブレット端末において、大容量の内蔵ストレージを搭載したモデルは最小構成のモデルから急激に値段が上がってしまい、顧客が選びやすいラインナップとはいえない状況を生み出してしまっています。

Galaxy Note 3は9月初頭にドイツで開催される家電見本市「IFA 2013」にて正式に発表されると噂されています。はたして日本国内に投入されるモデルはどのような構成になるのか、注目されます。

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます