HPは29日、1万5000円を大きく下回る、1万3860円からのAndroid搭載タブレット「HP Slate 7」を発表しました。発売は8月中旬から下旬を予定しており、オンライン直販モデルは8月6日より受注が開始されます。

002

HP Slate 7の大きな特徴はやはり価格。直販サイトのみで販売される8GBモデルでは1万3860円、店頭で販売される16GBモデルでも2万円前後を予定しているなど、非常に安価な価格設定となっています。

一方スペックは控えめとなっており、CPUは1.6GHzのデュアルコア・ARM Cortex-A9を搭載、液晶は1024×600ドットの7インチタッチディスプレイ・HFFS液晶を採用、カメラは背面が約300万画素、前面が約30万画素、メインメモリは1GB、外部ストレージとして32GBまでのmicroSDHCが利用できます。

003

全体的にローエンドな構成となっている本機ですが、オーディオ仕様として「Beats Audio」を搭載するなど、音楽プレイヤーとして使えるタブレットとしての売りを強調しています。また本機で採用されているHFFS液晶というのはあまり聞きなれない液晶方式ですが、正式名称を「High aperture ratio Fringe Field Switching」液晶といい、広い視野角と野外での優れた視認性が特徴だとしています。

先日ドスパラが発売した「Diginnos Tablet」も低価格が売りでしたが、Google Playに対応していないなど、実用面で若干の不便がありました。HP Slate 7ではGoogle Playにも対応しており、microSDHCカードによる拡張性なども考えると、低価格で手軽に楽しむAndroidタブレットとしては1つの選択肢になり得るかもしれません。

 

商品名 HP Slate 7
搭載OS Android 4.1
ディスプレイ 7インチ、HFFS液晶
タッチディスプレイ
解像度 1024×600ドット
CPU ARM Cortex-A9
デュアルコア プロセッサー(1.6GHz)
RAM 1GB
内蔵ストレージ 直販モデル:8GB
店頭モデル:16GB
外部ストレージ microSDHC(32GB対応)
背面カメラ 約300万画素
前面カメラ 約30万画素
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth® 2.1+EDR
インターフェイス microUSB×1
3.5mmヘッドフォン出力×1
microSDカードスロット×1
バッテリー駆動時間 約5時間
サイズ 197(H)×116(W)×10.7(T)mm
重さ 約370g
展開色 シルバー、レッド

[日本HP]