オシャレなiPhone対応ホームセキュリティカメラが登場 赤外線センサーも

日本でもスマートフォンに対応したネットワークカメラは多数販売されており、世界的にみると比較的商品数が多い方ではないかと思われますが、今回登場したホームセキュリティカメラ「Canary(補足:カナリアの意)」は機能的にもデザイン的にも一線を画します。

20130721214941-3-color-shot

Canaryは、広角レンズとマイク機能を持ったHDカメラを搭載。カメラは暗視モードにも対応しているので、暗い場所でも撮影することができます。赤外線モーションセンサーも備えているので、人間やペットなどが発する赤外線を検知して何らかのアクションを起こすことも可能。その他、温度・湿度・ホコリセンサーを搭載。室内の環境を外部から知ることが出来るので、昨今話題(!?)の遠隔操作式エアコンと併せて活用すれば、自宅で留守にするペットを熱中症から防ぐことも可能です。

20130721214851-dimensions-black20130720122415-checkin-android

使用方法は至ってカンタンで、iPhoneからクラウドサービスを介して自宅に置いたCanaryにアクセスするだけ。アプリとサービスの利用は無料ですが、クラウドサービスを通じて拡張機能の提供を予定しており、データストレージ機能やコールセンターオプションの追加などは有料になる見込みです。

現在Indiegogoで資金を募っていますが、すでに目標額を達成。10万ドル目標のところ、記事執筆時点で約19万7000ドル(約2000万円)を獲得しています。

20130718151534-device-and-sensors

2014年5月に出荷される、本体とTシャツがセットになったお得な「169ドル」プラン(Perk)はすでに好評終了。通常価格となる199ドルのプランは2014年5月出荷で現在も受付中。出荷が1ヶ月遅れて2014年6月になりますが、本体カラーがシルバーになる249ドルのプランも存在します。

ちなみに、テスターとしても参加でき、最も早くデバイスを入手できるプランは1000ドル(約10万円)で2014年2月に出荷予定です。いずれも米国内は送料無料ですが、追加料金で国際配達にも対応します。

[Indiegogo]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます