iPhone5Sは120fpsのスローモーション撮影機能を搭載か

9to5Macは9日(現地時間)、「iOS 7」に隠されたコードの情報から、米アップルの「iPhone5S」には120fps(1秒間あたり120コマ)での撮影が可能な “Mogul” モードが搭載されるのではないかと伝えています。またこのことは、iPhone5Sが “スローモーション撮影” が可能であることも示唆しているとのこと。

camera1

情報によると、Mogulモードは非常に高速な撮影が可能だとのこと。9to5Macがテストしたところによると、Mogulモードでは120fpsでの撮影が可能であったとしています。ただし、120fps撮影時の解像度は不明であるとも報告しています。

もしiPhone5Sに120fpsのビデオ撮影モードが搭載されているとすれば、それは “スローモーションビデオ” の制作が可能であることを意味しています。たとえば、アクションカメラ「GoPro Hero3」やサムスンのスマートフォン「Galaxy S4」はスローモーション撮影モードを搭載しています。具体例として、下にGalaxy S4で撮影されたスローモーションビデオを掲載いたします。

しかし残念なことに、9to5Macのテストではスローモーション撮影モードは「iPhone 5」では “サポートされていないハードウェア” との理由で実行することができなかったとのこと。このことから、スローモーション撮影モードはiPhone5S専用の機能である可能性があります。

これまでもアップルはiPhoneの「S」つきモデルで、多くのカメラ機能をアップグレードしてきた歴史があります(例:iPhone 4Sでの800万画素カメラの搭載)。そのため、iPhone5Sでカメラ機能がアップグレードされる可能性は十分にありえそうです。

また、アップルはiPhone5Sに1200万画素の背面カメラを搭載し、夜間撮影時のクオリティを強化するとも噂されています。iPhone5SはiPhone 5から外観は変わらないとも、新型iPhoneの名称はiPhone6であるとも現在情報が交錯していますが、秋に登場する新型iPhoneがどのような端末に仕上がっているのか非常に楽しみです。

[9to5Mac via MacRumors]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます