iPhone5Sの指紋認証は画面タッチ式? ―アップルが特許出願

米アップルの「iPhone5S」には指紋認証機能が搭載されるといったことが噂されていますが、今月18日(米国時間)に米国特許商標庁が公開したアップルの特許出願資料によると、同社は指紋認証機能をホームボタンではなく画面に搭載することを計画している可能性があります。

 apple-patent-image1

申請資料に添付された画像をみると、ディスプレイ直下に「指紋認証センサー」が搭載されており、画面に指を乗せることで指紋認証機能を利用している様子が描かれています。

アップルは昨年7月に指紋認証技術を所有するAuthenTecを3億5600万ドルで買収しました。アップルは画面ロックの解除以外にも、ショッピングにおける安全性を向上させるために指紋認証機能を利用するとも報じられています。

ディスプレイに指紋認証技術を搭載するという発想を得たのはアップルが初めてではなく、たとえばValidity社はサムスン製スマートフォン「Galaxy S2」のディスプレイで指紋認証機能を利用するデモを公開しています(下動画参照)。

アップルは指紋認証機能を搭載したホームボタンを保護するために、ホームボタンへサファイアガラスの採用を検討しているとの噂も流れましたが、指紋認証技術がディスプレイに搭載されるのならばホームボタンを強化する必要もなくなります。iPhone5Sは “キラーフィーチャー” を搭載すると以前より語られていましたが、はたして指紋認証機能はキラーフィーチャーに相当する機能になるのでしょうか。

[USPTO / 9to5Mac]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます