iPhone5Sの重要なメイン基板を撮影した画像がリークされる

秋が近づくにつれてリークが多くなるiPhone5S関連パーツですが、内部部品の中でも重要な「メイン基板(ロジックボード)」を撮影した高精細写真がリークされました。ただし今回もプロセッサは未装着の状態であり、搭載されるプロセッサが何であるのかという点は明らかになっていません。

board

流出した画像は全部で7点。切り離しが行われていない状態を見る限りでは、ロジックボードの製造メーカーに近い筋で撮影された写真であるとみられます。

iOS 7 Betaの内部ファイルを解析した情報からは、iPhone5Sには “A6ではない” 新たなプロセッサが搭載されることが判明しています。左記はサムスンが製造を行う「A7」が搭載されるとみられていますが、「A7」という文字を撮影した決定的画像は未だに流出していません。

なお、サムスンが製造する段階で流出するとは極めて考えにくいことから、組み立て段階の頃に流出すると予想されています。時期としては8月中旬以降です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます