Nowhereelseは6日(現地時間)、米アップルの「iPhone5S」のものと思われる、メイン基板の画像を掲載しています。

PCB-iPhone5S

上の画像のメイン基板を見やすく切り出し、最上段に「iPhone 5」のメイン基板、中段にMOUMANTAIが6月に掲載したiPhone5Sのメイン基板、最下段に今回流出したiPhone5Sのメイン基板を配置したのが下の画像です。今回流出したメイン基板は、MOUMANTAIの掲載したものと若干形状が異なっていることがわかります。

Nowhereelseによると、これはどちらかが偽物ということではなく、モデルが異なるiPhone5S用のメイン基板なのではないかと推測しています。

iPhone-5S-PCB

既にiPhone5Sについては新プロセッサ「A7」を搭載したプロトタイプの実機画像も流出していますが、今回流出したメイン基板の形状の違いが、FDD版とTDD版(LTE通信方式の違い)のiPhone5Sが存在することによる基板形状の差異なのか、などと想像するのも楽しそうです。

同サイトはこの他にも、iPhone5Sのものと思われるディスプレイ部品の画像も掲載しています。

iPhone-5S-LCD-1 iPhone-5S-LCD-2

[Nowhereelse]