独占:iPhone5Sの正式名称は「iPhone6」に ―廉価版は「iPhone5S」の名称か

匿名掲載することを条件にガジェット速報に寄せられた情報によると、米アップルが開発中の新型iPhoneは「iPhone 5S」の名称ではなく「iPhone 6」になるとのことです。この人物は過去に実績のある人物で、iPhoneの製造関連に極めて近い筋から得た情報としています。

また、モデルナンバー(!?)が1つ繰り上がることからも分かりますが、情報源によると「スペックアップ程度の変更に留まるモデルではない」としています。加えて「そう遠くない時期に、中国筋から次世代iPhoneのものとされるケースが多数登場するが、”とある理由” から、ケースの種類によっては製品版では使用することはできないだろう」としています。

なお、廉価版における正式名称は明らかになっておらず、現在流れている「iPhone 5C」はフェイクであるとしています。となると、廉価版的なイメージを避けるために「iPhone Lite」といった名称が使用されずに「iPhone 5S」の名称が使用される可能性も出てきました。

fingerprint-130729

iOS 7 Beta4のファイル内容から生体認証に関する記述が見つかる

本日開発者向けに公開された「iOS 7 Beta4」からは、指紋認証に関する痕跡が見つかっていますが、iPhone 5Sこと、iPhone 6ではそのような新機能が加わるのでしょうか。iOS 7のロック解除画面においては、Beta 4で若干の変更が加えられたものの「分かりにくい」と評されることもあります。仮に、iOS 7がiPhone 6の指紋認証を前提に開発が進められているとすれば、ロック解除方法が以前よりも重視されていない可能性があります(※過去端末ももちろんサポートされますが)。

なお、ガジェット速報では、今回の情報に加えて「日本のキャリアに影響する情報」も受け取っており、情報元から賛同を得られれば公開する予定です。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます