総務省が作成した “情報通信白書 2013年版” の報告より、日本のスマートフォンの普及率が38.2%で、アメリカ・イギリス・韓国などの6カ国中で最低であったことが判明しました。また、タブレット端末の普及率も12.3%で最下位となりました。

調査方法は、1000人に「インターネットにスマートフォンを利用しているか」と質問するものです。

スマートフォン普及率では1位がシンガポールで76.8%、2位が韓国で67.8%、3位がイギリスで56.3%でした。タブレット端末の調査でも、1位のシンガポールが42.8%で、日本とは大きな差がついています。一方、パソコンの普及率では日本は他の先進国とあまり変わらない結果になったとのこと。

Laughing young guy enjoying a conversation over the cellphone

今回の調査より、日本はスマートフォンとタブレット端末の普及があまり進んでいないということが見て取れます。また、MMD総研が8日に発表した「フィーチャーフォン(ガラケー)ユーザーの携帯端末に関する利用実態調査」でも、ガラケーユーザーの6割は “スマートフォンの必要性を感じない” と回答しており、8割は “スマートフォンへの乗り換えは考えていない・予定はない” と回答しています。

たしかに日本において、スマートフォンは “維持費が高い “という致命的な欠点を抱えています。いくらスムーズなインターネット利用やアプリの利便性を説いても、利用料金が2倍や3倍になってしまうのではガラケーユーザーの心を掴むことはできないと思われます。

先日ウィルコムは月額2980円で1GBまで利用できる安価なパケット定額プランを発表しましたが、携帯キャリア各社がこのような気軽に使えるパケットプランを用意しない限り、ガラケーからスマートフォンへの乗り換えはスピーディーには進まないのではないかと思えます。

[日本経済新聞]