電子レンジをネット接続した未来ガジェットが登場

Nathan Broadbent氏は10日(現地時間)、通常の電子レンジを改造し、ネット接続機能など様々な機能を追加した「未来の電子レンジ」を作成し、公開しています。

cooking_pie_filling

この未来の電子レンジは、数カ月前にRedditに投稿された「食品にバーコードがついていて、何分温めるかわかったら便利じゃない?」という書き込みから発想を得て作成されたとのこと。

同氏はごく普通の電子レンジに25ドル(約2480円)のARM搭載小型コンピューター「Raspberry Pi」を組み込み、未来の電子レンジを作り上げました。同氏が電子レンジに追加した機能は以下のとおり。

  • Webページを経由した、電話機からの電子レンジの操作
  • でき上がりツイートによる告知(URL
  • 時刻のインターネット経由による自動調整
  • ボイスコマンドによる操作
  • バーコードによる調理の指示、レシピはオンラインから参照
  • オンライン上にレシピがないから、作者自身がレシピサイトを作成(URL
  • 改良されたタッチパッド
  • カッコいいサウンド

これらの機能が必要かと聞かれれば、正直いらない気もします(バーコードによる温め時間の指示は欲しいかもしれません)。しかし、面白そうだから作ったというBroadbent氏の心意気を、著者は是非支持したいと思います。この電子レンジの内部構造と、動作する様子は以下をご覧ください。

ready_to_etch soldered plugged_in1 raspberry_adapter_connected usb_hub microphone_wifi

[Made by Nathan via TechCrunch]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます